太陽光発電で未来のエネルギーを先取り│環境にやさしい力

一軒家

エネルギーを利用する

雨漏り

注目されていますよね、自然エネルギー。いえ、この言い方も少し語弊があるでしょう。注目され続け、自然エネルギーへの転用はもはや常識と言っていいレベルにまでなっています。地中熱、太陽光発電、バイオガス発電などがそうです。地中熱とは、地熱と違い、地中10メートル以下の部分に存在している低温熱のことを言います。地中熱は夏だろうが冬だろうが温度が変わらず、またどの地域でも利用できることから、自然エネルギーとして注目を集めています。地中熱は建物の空調のエネルギーとして使用でき、環境省によると、空調の消費電力を年間で49%も削減できた例があるそうです。また、太陽光発電は、自然エネルギーの中では最も有名なもののひとつでしょう。太陽光電池を設置し、太陽の熱を吸収し、それをエネルギーとして活用します。

太陽光発電のいいところは発電の効率がいいことですが、日照時間にはどうしてもバラつきがあるため、生産性が予想しづらいことがデメリットとなっています。しかし、人工衛星だと雲の心配をする必要がないので、太陽光発電が活躍していますね。バイオガス発電は、比較的新しい自然エネルギーと言えるでしょう。どちらかというと再生可能エネルギーと言った方が定義に近いかもしれません。バイオガスとは、広義にはごみ、排泄物、植物など、生物資源をもとにして得られるガスのことで、メタン発酵により歳出し、バイオガス発電として活かすことができます。地球温暖化ガスなどが発生せず、ついでにいい有機肥料を手に入れることができるので、バイオガス発電は新エネルギーとして研究が盛んに行われています。